クレンズキャンプの栄養成分や原材料を解析@副作用や安全性も徹底調査!

この記事でお伝えすること

  1. 「クレンズキャンプ」の栄養成分や原材料
  2. 「クレンズキャンプ」のアレルギー
  3. 「クレンズキャンプ」の副作用
  4. 「クレンズキャンプ」の添加物

など「クレンズキャンプ」の栄養成分や安全性について解説していきます。

クレンズキャンプの原材料・栄養成分表

クレンズキャンプ 原材料

写真だと分かりづらいと思うので文字に起こすと以下の通りです。

乳糖、難消化性テキストリン、テキストリン、植物発酵エキス末(小麦・オレンジ・キウイフルーツ・バナナ・りんご・大豆・ごま・カシューナッツ・ももを含む)、スーパーフード混合末、ケール末、グルコマンナン/クエン酸、香料、増粘多糖類、甘味料、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12
参考:クレンズキャンプ「公式サイト」

実際にクレンズキャンプの成分や原材料について詳しく解説していきます。

クレンズキャンプの安全性を調査|副作用やアレルギーはあるの?

クレンズキャンプは、毎日飲むクレンズジュースなので安全性や副作用など心配ですよね?そこで、先述した成分表をもとにクレンズキャンプの「アレルギー」「副作用」「添加物」など詳しく解説していきます。

クレンズキャンプのアレルギーがある原材料

クレンズキャンプの原材料の中で、特定原材料等27品目に含まれるアレルギーがある成分は以下の通りです。

  • 小麦
  • カシューナッツ
  • 大豆
  • ごま

もし上記の食物アレルギーを持っている方は、クレンズキャンプを飲むのは避けた方がいいです。

クレンズキャンプに副作用はあるの?

クレンズキャンプは、医薬品でなくクレンズジュース(食品)になるので副作用の心配はないです。

ただ、先述したようの食物アレルギーを持っている場合は注意が必要です。

クレンズキャンプは無添加について

クレンズキャンプは無添加処方なのか調べてみましたが、公式サイトでの表記は確認できませんでした。

念のため原材料を確認してみましたが、危険な添加物は配合されていなかったので安心です。

クレンズキャンプのカロリーは【 13.4kcal/袋 】

クレンズキャンプ カロリー

クレンズキャンプのエネルギー(カロリー)を調べたところ、1袋あたり13.4kcalと低カロリーでした。

仮に下記のような朝食メニューを1食クレンズキャンプに置き換えるだけで、1日の摂取カロリーがマイナス617kcalになります!

  • クロワッサン・・・447kcal
  • バター・・・・・・73kcal
  • フルーツヨーグルト・・・113kcal
  • コーヒー・・・4kcal

まとめ

クレンズキャンプには結論として副作用が心配になるような成分は含まれていません。

ただ、アレルギーがある原材料もあるので、食物アレルギーある方はクレンズキャンプを飲むのは避けた方がいいです。

もし、評判などを知りたい方のためにこちらでクレンズキャンプの口コミをお伝えしています。合わせて参考にしてみてください。

クレンズキャンプの口コミ@キャバ嬢が3ヶ月でダイエット効果を実感!
タイトルとURLをコピーしました